インドのED治療薬を無許可販売し、輸入代行業者逮捕

ここでは、インドから輸入したED治療薬を無許可販売した業者が逮捕されたニュースを紹介します。

TOP > 個人輸入の危険なニュース > 摘発ニュース > 未承認のED治療薬を無許可で販売 2億円を売り上げた輸入代行業者を逮捕

未承認のED治療薬を無許可で販売 2億円を売り上げた輸入代行業者を逮捕

インドのED治療薬 無許可販売で業者ら逮捕

輸入したED治療薬の無許可販売で、輸入代行業者が逮捕されたニュースです。

インドから輸入したED(勃起不全)治療薬を、インターネットなどを通じて無許可で販売していた疑いで、輸入代行業者の社員ら5人が警視庁に逮捕されたとのこと。

未承認のED治療薬を輸入

薬事法違反の疑いで逮捕されたのは、千代田区の輸入代行業者「REX」の社長・大久保 昌哉容疑者(39)と、社員・前田俊樹容疑者(25)ら5人。大久保容疑者らは、インドから輸入した未承認のED治療薬「カマグラオーラルゼリー」を、販売目的で貯蔵した疑いが持たれているとのこと。

倉庫からバイアグラなど押収

輸入代行業者では、医薬品の直接の販売が認められていないものの、「REX」では、2年半余りで全国8,000人に対し、違法に無許可販売して2億円ほどを売り上げていたのだとか。「REX」の倉庫からは、バイアグラやタミフルなど、錠剤あわせて15万錠が押収されたのだそうです。

カマグラの医薬品自体は本物かもしれないけれど……

免許を持たずED治療薬を無許可販売したことで、輸入代行業者が逮捕されたことを伝えています。

ただ、このケースでは無許可販売していた医薬品自体は正規のものだったのか、「偽造品を無許可販売した」等の記述はありません。それなら、仮に逮捕された業者から購入してしまっていたとしても、買い手側としては完全に安心してしまってもいいのでしょうか。

答えは「No」です。この場合、「カマグラオーラルゼリー」が問題になってきます。実は、カマグラという医薬品自体には問題がありません。含まれている有効成分はバイアグラとまったく同じもの。いわゆる特許期間が切れた「ジェネリック薬品」というものです。しっかりとしたインドの製薬会社による製品ですので、安全面について不安視する必要はありません。
カマグラオーラルゼリーは、そんなカマグラを液状にして、フルーツ味のゼリーにした製品。飲みやすく、即効性の面では錠剤のカマグラよりも優れていると言われています。

ですが、気を付けてほしいのは、カマグラオーラルゼリーは100mgタイプのものが多いというところ。国内で認められているバイアグラは有効成分が25mgか50mgのタイプのもの。100mgということは国内で認可されている量の2~4倍が含まれているということです。

命の危険まではないかもしれませんが、明らかな動悸・頭痛などを感じてしまうかもしれません。人によって適切な用量は異なりますから、医師の処方を受けないまま、強力な薬を服用することは避けるべきなのです。

漫画で分かる!個人輸入の体験談

このページのトップへ